古民家の自然換気(35)古民家風棚の作製①

前回、夏季の暑さ対策として冷風扇を導入しましたが、そのサイズが想像以上に大きいことが判明。
そこで、冷風扇の置き場所を確保するため、下図の棚を設けることにしました。

<立面図>

<側面図>

まずは棚受け部分を作ります。
棚受けのサイズは上図のとおり100mm×29mm×268mmとしているため、手元にある杉の間柱材(105mm×30mm)から木取りします。
テーブルソーを使って幅100mmで縦挽き。

棚受けの手前側の角は、ぶつかったときに怪我をしないように鈍角にしています。
このため、まずは下端側を60°の角度で横挽き。

このとき、テーブルソーの傾斜定規(マイターゲージ)は30°(=90°−60°)にセットしています。

次に上端側を15°の角度で横挽きしますが、傾斜定規は75°(=90°−15°)にセットできません(45°まで)。
そこで、75°の角度でカットした板を間に挟むことで所定の角度になるようにします(傾斜定規は0°にセット)。

墨線通り切断されます。

精度が求められる箇所ではありませんが、安全にテーブルソーを使うには(途中で材を捻らない)、こうした治具の利用が欠かせないように感じています。

左右ひと組分のカット完了。

次に棚板をカットします。
棚板用の材は、棚受けと同じ杉でサイズが210mm×20mmの板材(プレーナー加工済)をホームセンターで購入してきました(2mもので1,000円弱)。
下写真のとおり表面が相当焼けているところを見ると相当期間売れなかったのでしょうか・・・。

木端の一方に水糸を張ってみると長さ方向に乾燥による曲がりが生じていることが判明。
このため定規を使って真っ直ぐに切り直し、基準を作ります。

真っ直ぐに切ったほうを基準にしてテーブルソーを使って所定の幅(160mm)で縦挽きします。

板の幅が210mmあるところを160mm幅で挽くのは勿体無いような・・・。

先に加工した棚受けを載せ、両者の大きさのバランスを確認します。

棚板の表面が日に焼けて黒ずんでいますので、表面側を自動カンナ盤にかけて1mm程度削っておきます(20mm→19mm)。

1mm削った程度では黒ずみを取りきれませんでしたが、最終的にはオイルステインで塗装する予定ですので、これで良しとします。

ちなみに上写真に写っている自動カンナ盤の集塵フード(サイクロン集塵機接続)ですが、2年程前に自作したものは不十分(角材程度しか集塵できず)でしたので作り直しています(形状を変更するとともにサイクロン集塵機との接続パイプにΦ100mmのアルミダクトを使用)。
これにより板材でも(なんとか)集塵できるようになりました。

棚板の厚み(19mm)が決まりましたので、棚受け側に19mm幅の溝を切ります(深さ9mm)。

溝の深さを9mmとしたことから、棚板(下段)の長さは下図から816mmとなります。

早速、棚板を816mmの長さでカットしたいところですが、棚受けを上図のとおり設置できるとは限りませんので、棚受けを設置したうえで両者の離隔を実測し、その値をもとにカットすることにします(当たり前のことなのでしょうが、先走ってしまうこと多々あり・・・)。

古民家の自然換気(34)冷風扇:ナカトミBCF-30L

LDKの天井には、採光と(自然)換気を図る目的で開口部を設けてあります。

<開口部1:居間側>

<開口部2:台所側>

夏季は、これらの開口部をオープンにするとともに、窓(特に風上側)を開けて外気をふんだんに取り込むことで暑さ対策とする考えです。

このように夏季の換気を重視しているのは、我が家のような古民家は土壁が多用されていることから、閉め切ると一転して条件が悪くなってしまうからです(土壁からの放熱等)。
このため、留守等で窓を閉め切ると帰宅時にはムンムンとした空気が淀んでいるのが分かります。
そして、こうしたときには昨年導入したシーリングファンを回してムンムンとした空気を強制排出させるようにしています。

シーリングファンを導入した第一の目的は薪ストーブ用(暖気の循環)だったのですが、意外にも夏季に威力を発揮しています。

ちなみに、夏季のシーリングファンは冬季とは逆の風向(下向き)で運転させることで、天井の開口部から暑い空気を排出させます。

我が家の周りは自然(庭、畑、里山)に囲まれており、外気が街中に比べて冷たいため、こうした自然換気による暑さ対策をとるのが良いのではないかと考えています。
とは言え、地球温暖化の影響か、それとも人間(特に私自身)が弱体化しているためか、真夏になると、こうした自然換気による暑さ対策は通用せずエアコンに頼らざるを得ない状況になってきています。

昨年導入した竹ボイラーの配管を拡張することで井戸水クーラーを導入したいと考えてはいるのですが、(私の能力的に)難しいところもあって直ぐには実現できそうにありません。

もっと容易に、しかも自然換気を活かすものがないか??
そこで思いつくのが冷風扇です。
冷風扇は昔人の知恵である打ち水を応用したもので、水が蒸発するときの気化熱により周囲の温度を下げる仕組みです。
冷風扇はエアコンのようにコンプレッサーを使わないため扇風機と同等の電気使用量で済むというメリットがあります。
一方、水を蒸発させる仕組みから密閉した空間で使用すると湿度が高くなってしまいます。
このため、気密性の優れた現代住宅で用いる場合にはエアコン(除湿)との併用が前提になるのでしょうが、我が家のような古民家ではその心配はありませんし、自然換気とともに用いることで冷風扇の本領を発揮するかもしれません。

そんなことで、大型の冷風扇(ナカトミ クールブロアー BCF-30L)を購入(1万5千円程度)。


(ナカトミHPより)

この冷風扇の最大の特徴は大型(タンク容量30L)で、水道の直結も可能なことです。
一般的な家庭用の冷風扇は5L程度のタンク容量のものが多いようですので、その6倍もあります。
もちろん、むやみにタンク容量がデカイだけではなく、それに応じた送風・気化能力を備えているのでしょう。
水道の直結については、昨年に竹ボイラーを導入した際、井戸水の配管を主屋内にまで引き込んでありますので、それに接続して冷たい井戸水を使うようにすれば、より冷房効果が得られるかもしれません(基本は気化熱)。

しかし、届いたものを見て(ネットで購入)、その大きさにビックリ!
30Lものタンク容量があるため大きいとは思っていたものの想像以上です。

<冷風扇寸法図>

(ナカトミHPより)

例えるとカラーボックス程度の大きさで、そんなものを適当に置いておけば邪魔になること必至。
設置場所を検討せざるを得ません・・・。

使用場所(ダイニングテーブル)に近いところで、しかも井戸水の配管に接続しやすいところとして候補に上がったのが下写真の壁の前です。

この壁にはインターフォンの親機が取り付けてあり、その下には電話(子機)などを置くための台として収納箱が置いてあります。
収納箱の中にはほとんど何も入っていませんので、電話などを置くための棚があれば十分です。
このため、棚を設置し、その下に冷風扇(キャスター付き)を置くようにすれば良さそうです。

棚の設置には、棚板とそれを支えるもの(棚受け金具等)が必要となります。
棚受け金具は様々な種類のものが市販されていますが、洋風の感じのものが多く、そのようなお洒落なものを我が家のようなボロ屋に取り付けると違和感が生じそうです。
そこで、以前設置した神棚のように木材で棚受けを作ると良さそうです。

そして、棚受けは下図のとおり柱(左側はアルミサッシの取り付け材)に取り付けることにします。

<平面図>

棚受けの形状は神棚と同様にします。

<側面図>

せっかくなので今回は二段にし、下段に種々のリモコン(テレビ、シーリングファン等)を収納できるようにしています。

これを立面図にしたものが下図になります。

<立面図>

上段の棚については棚受けに載せているだけですが、下段については棚受け側に溝を切り、そこに嵌める形にしています。

遊休農地の活用(3)草刈り(高刈り⇔地際刈り)

今年から新たに管理することになった畑(約3畝半)について、そのモチベーションの維持のためにも今春、果樹の苗木を植え付けました。

<5月上旬:果樹植え付け直後の状態>

先日、田圃(再生中の耕作放棄地)のほうの草刈りが終わったことから、続いて、この畑も草刈りしておこうと向かったところ・・・

たった2ヶ月で一面の草原に変身!
草の種類はエノコログザ(猫じゃらし、イネ科)が目立ち、すでに穂をつけています。
これらの雑草対策として果樹の植え付けと一緒にクローバーも播種したのですが、クローバーは全く見当たりません・・・(播種時期が悪かったようです)。

両隣の畑は夏野菜などを栽培されており、管理が行き届いて草一本生えていない状態です。
その間がこれではあんまりですので、何はともあれ草刈りです。
面積が小さい(約3畝半)ことに加え、草も柔らかいため(奥側の笹や竹を除く)1時間程度で完了(刈払機使用)。

春に植え付けた果樹は草に埋もれそうになっていたものの元気に育っています。
下写真はクリ(購入苗木、品種:利平)です。

1本だけで結実するのかどうか?と思っていたのですが、ちゃんとイガの付いた実がなっています。

ビワ(自生のものを移植、実生2年目)は小さいですが、枯れることなく育っています。

果樹と言えば、自宅敷地に隣接する果樹園についても下草を刈っておきます(前回は5月上旬に実施)。
こちらの草刈りは先日、田圃(再生中の耕作放棄地)の草刈りで取り入れた「風の草刈り」の手法により高刈り。

草刈り中、野草化したジャガイモ(上写真で朱色矢印)が旺盛に成長しているのを発見。
しかし、今頃になって成長しているとは!?

下写真の箇所はドクダミ(十薬)が群生しています。
綺麗に生え揃っていますし、ドクダミなら草丈も低くて果樹栽培になんら支障になりませんので、高刈りさえも行わずにそのままにしておきます。

ただ、「風の草刈り」のブログ記事において、ケモノ道のように部分的に草を刈ると風の流れが生まれて良いようなことが書かれていたため、試しに行ってみました(上写真で朱色矢印)。

ちなみにドクダミは一部を収穫し、天日により乾燥させた後、ドクダミ茶などに用いています。


(天日乾燥後のドクダミ)

刈払機をそのまま使って主屋前の芝も刈っておきます。

こちらは田圃や果樹園での草刈り(高刈り)とは対照的に地際刈り(刈り高3cm)です。
こうした地際刈りには、刈払機に装着してある「ジズライザー」が活躍してくれます(芝刈機の出番が無くなりました)。

今春、播き芝により拡張した箇所も順調に生育して緑が濃くなってきています。

<5月中旬:播き芝直後の状態>

雑草が成長して草刈りが大変な一方で、雑草だけでなく果樹や芝もちゃんと成長してくれているものです。

耕作放棄地の再生(25)風の草刈り

再生中?の耕作放棄地について、5月上旬に今年初めての草刈りを行ってから2ヶ月が経とうとしています。

<5月上旬:草刈り直後の状態>

草刈りは下記のスケジュールで年3回行うことにしていますので、今年2回目の草刈りを行うことにします。

今の時期は草刈り最盛期でもあり、週末は田圃関係や地区の草刈りの予定が入っているため、平日に早起きして少しずつ(1時間程度)進めていくことにします(人家から離れているため早朝でも刈払機のエンジンを回せます)。
で、現状は・・・

2ヶ月の間に草丈が1m近くまで伸びています。

ところで、以前に自宅敷地内に排水路(土水路)を設けた際、「大地の再生講座」のアイデアを拝借してコンクリート殼を再利用したことがあります。
大地の再生講座ではほかにも様々なことを実践されてみえ、その中のひとつに「風の草刈り」と呼ばれるものがあります。

水脈整備と風の草刈りで変わったこと(大地の再生〜百田みたからの集い 岡山/2)」(囲炉裏暖炉のある家 tortoise+lotus studio)

上記リンク先に詳しく紹介されていますが、「風の草刈り」とは風で草が揺れる高さで刈ると言うものです。
風で草が揺れる高さと言えば、草の種類や生育状況によって異なるとは言え相当な高さ(例えば地際から30cm)になります。
私自身、農地の草刈りは高刈り(5〜10cm程度)により行っているものの、それとはレベルが違う高さです。

風の草刈りを行うと、その後の草の成長が穏やかになるとありますが、確かにそうなるように思います。
と言うのも、庭木の剪定においても弱く剪定するほど、その後の伸びが小さくて樹木が落ち着く(強く剪定するほど徒長枝が多く出て木が暴れる)ことを実感しており、同じ植物の草も同じはずだと思うのです。
大地の再生講座を主宰する矢野智徳氏は造園技師とのことですので、もしかすると樹木から着想を得られたのかもしれません。

そんなことで、風の草刈りの手法により草刈りしていくことにします。

<1日目:7月2日>

風で揺れる高さを目安にして刈るわけですが、風で揺れるところは柔らかくて刈りやすいところでもあり、一般的な高刈りよりも力を要さずに刈っていけます。
このため、刃を戻すとき(左→右)にも刈ることができて作業が捗ります。
1時間で田面(約1反)の1/3(333m2)程度が完了。

<2日目:7月3日>

<3日目:7月5日>

3日目(延べ3時間)で田面部分が終わりました。
昨年はブログ記事を確認すると5日(延べ5時間)かかっていますので、風の草刈りは省力化の面でも効果大です。

今週末には当地区の共同作業(草刈り等)があり、それまでに所有地の隣接箇所(道沿い)の草刈りを各自で済ませておくことになっています。
そこで道沿いを草刈り。

<4日目:7月10日>

ここは路肩が斜面になっていますが、特にこうした場所は路肩の保護のためにも定期的な草刈りが大事なのだと思います。

ほかにも山裾部分などを刈って完了。

<Before>

<After>

相当な高刈りのため地際で刈った場合に比べて見た目は悪いですが、以前のジャングル状態に比べたら良しとしましょう(^_^)

作業が早く終わって時間があるため、近くにある墓地(地域の共同墓地)にも寄って草刈り(芝刈り)をしておきます。


(5月上旬に撮影した写真)

芝が綺麗に生え揃い、一見するとどこの高級墓苑!?かと見間違えてしまうかも?

芝はもちろん高麗芝などのような園芸種ではなくて自生の野芝です。

定期的に草刈りが行われることで刈り取りに強い芝が残り、美しいターフが形成されるわけです。
ちなみに2年前、主屋(古民家)前の砂利敷きだったところを芝庭に変えましたが、実はこの墓地の芝が剛健に生育しているの見て決めたのです。

以前はろくに墓参りをしていなかったのですが、近くにある田畠を管理するようになってから必然的に足を運ぶ機会が増えました。
そう考えると今年、近くにある畑の管理が我が家の手に返ってきたのも、墓参も定期的に行うようにと言うことなのかもしれませんね。

果樹園の再生(21)ミカンの移植(実生木&接ぎ木)

前回、モモなどを接ぎ木する際の台木にしたいと考えてウメの種を播きました。

同じようにミカンの台木とするため、今春(4月初頭)にはユズの種を播きました

このユズはその後発芽して現在、下写真の状態にまで成長しています。

このポットは野菜用の小さなものですので、より大きい竹製ポットに移植することにします。

ところで、接ぎ木してまでミカンの苗木を作ろうとしているのは、一昨年と昨年に植え付けたミカンの成長が芳しくないためです。
幼苗時のミカンは寒さに弱いとのことで、咋冬は藁コモで囲って防寒対策を講じました。
その甲斐もあって今春にはたくさんの若葉が出たのですが、それも束の間、すぐに虫に喰われてしまいました。
そして、遂には最も弱っていたものが枯れてしまいました・・・。

この枯死したミカンは下図で33番のデコポンになります。

ここは風下(冬季)に隣家があるため、落ち葉のことを考慮して常緑樹のミカンを3本配置してあります。
枯死したもの以外の2本についても、やはり樹勢が弱くて若葉が虫に喰われている状態です。

実は一昨年にミカンの苗木を植え付けた直後から、同時期に植え付けた落葉果樹に比べて樹勢が弱いことを感じていました。
このため、昨年は違う場所(上図で39番)にもミカンを植え付けてみました。
そして1年経過後の現在、39番のミカンは樹勢が強く、既に一昨年に植え付けたものより大きく成長しているのです。

若葉もたくさん出て、しかも全く虫に喰われていません。

このことから、枯死したミカンがあったところはミカンの生育に適していないに違いありません。
そこで、辛うじて生き残っている2本(上図で32番、38番)を、梅雨が明ける前に39番の近くに移植することにします。
配置は下図のとおりとし、西側(左側)からデコポン(39番、H29)、伊予柑(32番、H28)、宮川早生(38番H29)の並びになります。

まずは伊予柑を移植。

移植した伊予柑は若葉が虫に食われてほとんど無い状態です。
木の大きさも一昨年の植え付け当初からほとんど変わっています。
今回の移植により樹勢を回復してくれるのを祈るばかりです。

続いて宮川早生を移植。

ちなみに上写真に写っている白いボール玉のようなものはニンニク(野草化)の花です。

宮川早生の根元からはトゲのある枝が伸びています。

このトゲのある枝はカラタチですので、やはりミカンの台木にはカラタチが使われているようです(昔はユズやナツミカン)。
このままではカラタチの木になってしまいますので、挿し穂側(宮川早生)に栄養が行くようにヒコバエを切除しておきます。

今回のことで、同じ敷地内であっても適地・不適地がありえることを痛感しました。
ちなみに、枯死したミカン(下写真で朱色矢印)があったところの近くに今春、サトイモを移植したのですが、ミカンとは対照的にすこぶる調子が良いのです。

また、付近には雑草のミゾソバが生えてきていることからも、ミカンにとっては水分過多の土壌だったようです。
直下流に馬小屋跡があり、その土間コンが排水を阻害しているようにも思えますが、これを逆手にとって湿潤なところを好む?イチジクを植えてみると良いかもしれませんね。

果樹園の再生(20)モモの収穫とウメの採種<バラ科>

今年の4月初旬、モモの木(2年前の冬に植え付け)は下写真のとおり満開になっていました。

その後、結実(下写真は5月中旬撮影)。

木はまだ小さいにも関わらず、たくさんの実をつけていました。

摘果などの管理は一切行わずに放置したところ、自然による摘果が行われ、残ったものが大きく成長するとともに熟してきました。

昨年に収穫したものと比べると、木が大きくなった分、果実も大きなものができています。

少し早いかもしれませんが、待ちきれず収穫することにします。
1本の木から下写真の量を収穫。

冷蔵庫で冷やして食べみると、まさに桃と言う感じで美味しかったです(^^)
自然農に倣って無肥料・無農薬・無除草・無剪定としていますが、自家用にする分には十二分のレベルです。
モモは土地に合っているのかもしれませんので、木を増やして鳥などの動物にも果実を残してあげられるぐらいにしたいものです。

ところで、モモはバラ科(モモ属)の落葉樹です。
同じバラ科のウメ(サクラ属)も今年は生り年だったようでたくさん収穫できました(梅ジュースに使用)。
たくさん収穫できたこともあり、2本ある木のうちの1本については収穫せずに小動物の餌用に残してあげました(実際には手が回らなかっただけですが・・・)。
このため、熟したものが地面にたくさん落ちてきています。

モモもウメも同じバラ科の樹木ですので、このウメの種を実生させればモモの台木にすることができるかもしれません。
そこで、熟したものを拾ってきて採種することにします。

果肉を取り除いたうえ乾燥・保管し、来春に播種することにします。

ところで今年4月に採種・播種したユズ(ミカンの台木用)がひと月ぐらい前に発芽し大きくなってきています。

これならウメの種も今から播いても大丈夫かもしれません。
そこで、一部の種を育苗ポットに播いておきます。

収穫までの道のりは長そうですが、慌てず気長にいくことにします。

<続きます>

自然農:トマトとホオズキ<ナス科>

先日のブログ記事で、数年前に種芋を植え付けたジャガイモ(ナス科)が繁茂し出したことから、畑の状態がナス科に適したものに移行しつつあるのではないかと考えていることを書きました。

ナス科の野菜はもちろんジャガイモだけではなく、夏野菜のナスやピーマン、トマトもナス科です。
これらの苗も畑に植えてあり、やはりナス科だけあって生育が良好です。
下写真はミニトマトですが、既にブッシュ化して結実し始めている状況です。

上写真のミニトマトは苗を立てて移植したものですが、実は昨秋、野草化することを期待して熟した果実を畝に投げ捨てておきました。
それらが6月中旬になって発芽してきました。

ミニトマトを含めて夏野菜の苗は5月連休頃には大きく成長したものが市販されているため、それが普通のことだと思ってしまいますが、自然状態においてはそれより2ヶ月近く遅く生育するようです。

下写真は自生のミニトマトと地這いキュウリです。
キュウリ(自生)もまだ小さい状態です。

収穫時期は遅くなるものの、ミニトマトも野草化できることになります。

ミニトマトは自生するぐらいですので、脇芽を挿して増やすことも容易なはずです。
空いている育苗ポットに挿して増やしてみることにします。

さらにナス科の植物は野菜だけではありません。
意外に感じますが、観賞用のホオズキもナス科です。
ホオズキはお盆の時期に仏壇やお墓に供えるのに重宝します。
このため畑で栽培してはどうかと考え(自家消費用)、昨年に自生していたものを取っておきました。

袋部分(萼)は枯れて網状になっており、その中に赤い果実が残っています。

その果実から採種します。

種を見ると、まさしくナス科です。

採種した種を育苗ポットに播きます(実際には4月上旬:夏野菜の播種と同時期に実施)。

その後、発芽して6月下旬には下写真の状態にまで成長。

まだ小さいですが、育苗ポットのサイズも小さいため畑に移植することにします。

剪定屑のマルチによりどこに植え付けたのかわからない状態になっていますが、ナス科なので元気に成長してくれることでしょう。
ホオズキは多年草で、今回植え付けた苗が開花するのはひと冬を越して来年の夏になります。