補助ローラーの土台(ウェイト)作製

前回、天窓(トップライト)の暑さ対策としてシェードを設けることにしました。
シェードには半透明のプラダンを用いるため、それを抜き差しできるような枠を作ることにしています。

枠材(角材)の大きさは24mm×29mmとし、それを105mm×30mmの間柱(杉)から木取りします。

間柱を縦挽きすることになりますが、こうした挽き割りには小型バンドソー(マキタ2114Cの中古)を使っています(板厚が30mmあるためテーブルソーではキックバックが怖い)。
このバンドソーを2年前に入手した際、おまけで下写真の補助ローラーが付いてきました。

入手したときはサビが酷く、そのまま使えるような状態ではなかったのですが、サビを落として油を差したところ、ローラーもスムーズに回転するようになりました。
しかし、ローラー(頭)部分に対して脚部分に重量がないため、送材すると材とともに倒れてしまうのです。
補助ローラーの脚を見るとボルト穴(上写真で朱色矢印)がありますので、本来はボルト等で固定して使うもののようです。
とは言え土間コンに固定するわけにはいきませんので、角材を使ってウェイトを兼ねた土台を作ると良さそうです。

土台の形は正三角形。
そして、ボルト穴の間隔を測ると320mmですので、3辺の(中心)距離が320mmになるようにすれば良いだけなのですが、イマイチ自信がありません・・・。
そこで、1辺が320mmの正三角形を描き、これを基準にして75mm幅の外形線を描き加えます。

75mm幅としているのは、ホームセンターに売っているバタ角(75mm角)を使うためです。

バタ角の必要長さは、下図の木取り図から1.3m程度になります。

そして、ホームセンターで4mもの(杉、1,000円)1本を購入。

節まるけの荒材とは言え、これだけのものが1,000円で買えるのですから人工林が荒廃するのも当然なのかもしれません。

60°の角度で切断して木取り(丸ノコ使用)。

相欠き継ぎになるように両端を切り欠きます(テーブルソー使用)。

ビス留めして組みます。

補助ローラーの脚をコーチボルトで固定。

土台(ウェイト)により重心が下がり、安定感が増しました。

早速、バンドソーで間柱を挽き割るのに使ってみます。

そもそも杉の間柱で軽いと言うこともありますが、補助ローラーを転倒させることなく、スムーズに送材することができました。
安全にも作業できたわけで、これまで2年間、横着して作業していたことを反省するばかりです。
バンドソーはキックバックの恐れがないため、他の機械に比べると安全とは言われていますが、私のような素人にとって安全上の配慮は本職以上に必要に違いありません。

(先日、母方の叔母が亡くなったため、しばらくの間、ブログの更新頻度が低くなるかと思います。)

古民家の自然換気(29)天窓のシェード①検討

昨年、採光と自然換気を図る目的で主屋の古民家に竹天井を設けました。

竹同士の隙間から光や空気が出入りするわけですが、冬季は暖かい空気が逃げてしまわないように、竹天井の上に断熱用のプラダン (ポリカーボネート)を設置してありました。

暑くなってきましたので、いよいよプラダンを上げ(下写真で手前側の状態)、換気を図るとともに外気をふんだんに取り込むことにします。

時代の流れは住宅の気密性を高め、冷房効率を上げる方向にありますが、我が家はその真逆で気密性の低下(昔の状態に戻す)を志向しています・・・。

採光のための天窓は2箇所あり、もう1箇所は下写真のとおり障子天井にしており、こちらも開閉が可能になっています。

ところで、屋根に設けられている天窓(ガラス瓦)ですが、採光により居室内が明るくなって良い反面、夏季は日差しが強過ぎるように感じています。

それでも1Fの居室については竹(天井)や障子(天井)がシェードになって日差しが和らぐため問題ないものの、2F(厨子、小屋裏)はまさに温室状態です。
厨子2Fは電気配線などの管理用として使っているだけなので暑くても構わないのですが、厨子2Fの暑さは1Fの居室まで(土壁などを通じ輻射熱として)影響を与えると思います。

夏季のエアコンへの依存を減らすためには、居室は暗くなるとしても、天窓側にもシェードを付けて採光量を減らすほうが良さそうです。
こうしたシェードとして耐候性のある布状のものがホームセンターで売っていますし、使わなくなったレースのカーテンを取り付けても良いかもしれません。

一方、天窓にはガラス瓦(1箇所4×3枚)を用いていますが、瓦の構造(隙間あり)から強風時に細かいゴミが入ってくるのは避けられません。

このためゴミを受けるものを設けたいと思っていたのですが、このゴミ受けとシェードを兼用できそうです。
ゴミの掃除やシェードの入れ替え(夏は半透明、それ以外は透明)のことを考えると、屋根の下地材(垂木)に枠を取り付け、これにプラダン(透明⇄半透明)を抜き差しできるようにしてはどうかと考えました。

シェード(枠)の大きさは少なくとも天窓をカバーするものとし、具体的には幅は垂木(2寸角)の間隔(尺2寸)から1,150mmとし、奥行きはプラダン幅910mm+αとしています。
また、棟に対して直角方向でプラダンを抜き差しするほうが使い勝手が良さそうですが、母屋桁が邪魔をするため水平方向で抜き差しするようにしています。

この大きさをもとに図に起こしたものが下図になります。

枠材は24mm×29mmの角材を用いるようにしています。
プラダンの厚み4mmに対して溝を6mm幅で切るとすると、枠材の厚みは20mm強(溝幅の4倍程度)あれば十分そうです。
そこで手元にある杉の間柱(105mm×30mm、500円程度)から木取りするものとして、24mm(≒105÷4mm)×29mm(≒30mm)としています(間柱1本でシェード2箇所分の木取りが可能)。

雨水対策(14)コンクリート殼の再利用と減勢工

雨樋の排水が集まる箇所(排水不良)の排水性を改善するとともに、地中への雨水浸透も期待し、竹を利用した排水路(土水路)を設けることにしました。
そして前回、溝を掘って竹を投入するところまでできました。

竹の投入について、畑の畝作り(下図)であれば、まだ分かる話しかもしれません。

しかし、排水路に竹を入れるなんて言うことは、わざわざ水の流れを阻害しているようなもので、一般的な土木構造物ではあり得ないはずです。

さすがにこんな馬鹿なことをやっている人はいないだろうと、ネットで検索してみました。
そうしたところ、「大地の再生(講座)」に取り組んでみえる方のブログを見付け、そこに大地の通気性や透水性の改善を図るため、溝に竹や炭などを投入するとあります。

雑木の庭造り(高田造園設計事務所)

竹を投入することについて、私自身は単に溝を埋まりにくくすると言う物理的な側面からしか考えていませんでしたが、「大地の再生講座」ではこれで動植物の力も活かすことも考えられており、本当に目からウロコの内容です。
さらには、コンクリート殼でさえ溝に入れて利用すると言う事例も掲載されています。
このコンクリート殼の再利用は、「大地の再生講座」の矢野智徳さんが阪神淡路大震災で大量の瓦礫がゴミにされるのを見て始められたそうです。

DIY施工でもハツリなどでコンクリート殼が発生することがあります。
発生したコンクリート殼は、最後まで責任を持つという意味で敷地外に搬出処分するのではなく、可能な限り再利用(コンクリートの骨材など)していますが、それでも径が大きいもの(直径40mm以上)は使う当てがなく敷地内に仮置きしてある状況です。

奇遇にも今回の排水路に隣接した場所に仮置きしてあり、まさに出番を待っていたのかもしれません。

「大地の再生講座」の知恵を拝借し、排水路(竹の上)にコンクリート殼を投入します。

嵩上げのため、さらに竹を投入してコンクリート殼をサンドイッチします。

最後に剪定屑で被覆します。

これで排水路本体は完成ですが、前回地面を掘り起こしたところ、排水路流末の地中から昔の土管と減勢工が出てきました。

土管は2本あり、その内の1本は状態が良いため再設して流末部(段差部)を下写真のとおり処理します。

その後の降雨時に状況を確認すると・・・

これだけ水の勢いがあると草は生えづらく、地面がえぐられてしまいます。
やはり、元々あったのように減勢工を設ける必要があります。

以前行った敷石(石畳)作りと同様に石の形状を見極めて組み上げます。

その後の降雨時の状況。

良い感じで流れており、見ていても気持ち良くなります。
前回の降雨時は水が濁っていましたが、今回は濁りが取れています。
排水路に投入した竹やコンクリート殼が泥を濾してくれているのかもしれません。

排水路を設けたことで通路に排水が流れることはなくなりました。
今後は雑草の力とともに土の流出は抑えられることでしょう。

天然石を使った減勢工が良い感じのため、別の雨樋流出口(外便所の解体に伴う雨樋の移設箇所)にも同様に設けることにします。

石積みに使うには少し小さい石も、こうした用途に使うことができますね。

雨水対策(13)雨水浸透排水路

当地では先日梅雨入りしました。
今後本格的な梅雨を迎えるに当たり、雨水排水のことが気になってきます。
昨年の今時分には、その対策として雨樋排水路の延長を行いました。


(雨樋の延長)


(排水路の延長)

これらは、過去に裏山の斜面(下図で左下)が崩壊したことがあることから、その再発を防ぐために講じたものです(他にも土留め設置等)。

この箇所については、ひとまず片付きましたが、実はもう1箇所、気になっているところがあります。
それは上図で朱色丸印の箇所で、3棟(主屋、倉庫、土蔵)からの雨樋の排水が集まるところです。
ここは土が流出し凹地になっており、排水不良から年中ジメジメしているのです。

主屋と土蔵は、ここに接する角がシロアリ被害にやられていましたが、この排水不良の影響もあったのではないかと思っています(倉庫は鉄骨造り)。

そもそもこの箇所の土が流出した原因については、建物からの雨水排水量の多さに加え、除草剤の多用により裸地になっていたこともあると考えています。
除草剤については既に使用を止め、雑草(の根)の力を活かすようにしています。
一方の排水量の多さについては建物を除去しない限りは減らすことができませんので、排水路を設けて排水性を改良するしかありません。

こうした場合の排水路にはコンクリート製のU字溝を使うことが多いと思いますが、その場合、途中で雨水が地中に浸透することはほとんどありません。
これに対し、今回の場合は、流末となる山の斜面が雨水排水の勢いによりえぐられているため、可能な限り地中に浸透させて山への排水量を少なくしたいと思っています。

ちなみに、このえぐれた箇所は、数年前から古瓦を細かく砕いたものと土砂を互層にして盛って安定化を図っています。

雨水を地中へ浸透させるにはコンクリート製のU字溝ではなくて昔ながらの土水路が良いわけですが、土水路だと直ぐに埋まってしまって大変だろうと思い、なかなか手を付けられずにいました。
そんな中、これはと思ったが、以前のブログ記事でも紹介した畑の畝立てにおいて溝部分に竹を投入する方法です。

土水路にも同様に竹を投入すれば、溝が埋まりづらく、いずれは埋まるにしても竹が残っている限りは一定の排水機能は維持されるはずです。

愚案かもしれませんが、何事もやってみなければ分からないと言うことで、早速取り掛かることにします。
水糸を張って、排水路の位置を決めます。

幅、深さともに30cm程度、地面を掘って溝を設けます(掘り起こした土は凹地を盛るのに使用)。

地面を掘ったところ、排水路の末端箇所で土管が出てきました。

土管の位置・高さから、昔も同じ位置に排水路があったようです。

土管の先も掘り起こしてみます。

写真では分かりづらいですが、土管の先には石が敷き並べられています。

地面がえぐられないようにするための減勢工のようです。
ここまでしてあったとは驚きです。

掘った溝には竹を投入します。

井戸の再生(26)井戸側(ガワ)の隙間

以前、井戸近くの植栽などを整備した際、井戸側(いどがわ、井筒)沿いに穴があいているのを見つけました。

穴は井戸内まで繋がっており、このまま放置すれば、雨水の流入とともに穴が拡大する恐れがあるため、応急措置として波板を被せてあります。

ちなみに下写真も我が家の敷地内にある井戸ですが、放っておくとこうなり、最終的には井戸側の落下や孔壁の崩壊に至るわけです。

上写真の井戸は元々は隣家のもので、隣家は昭和10年代に町に引っ越したと聞いていますので、使用しなくなって80年近くが経過しています。
その点、今回の井戸は昭和30年代に簡易水道が供用されるまでは使われていましたので、まだ?50年程度です。
家屋や器具類もそうですが、井戸も使わなくなると老朽化が進行するのかもしれません。
井戸(自体+周辺の水循環)の維持のためにも、今回の井戸も再利用することを考えていますが、それ以前にまずは不良箇所の手当てです。

今回の穴は比較的小さいため、粘土を充填して塞ぐことができそうです。
粘土は主屋の改修工事で発生した壁土を再利用します。

ただ、充填する際に1箇所に力が掛かると地面を崩してしまいそうにも感じるため、シュロ(棕櫚)の皮を敷いて力を分散させることにします。

シュロ皮の繊維は強度がある一方、天然素材ですので、いずれは朽ちて無くなってくれます。

シュロ皮は下写真のとおり荒壁の貫伏せを施工する際にも使われたように(現在は主に寒冷紗を使用)、粘土(壁土)との相性が抜群です。

さらに粘土を盛り、井戸側が高くなるに水勾配をつけます。

「井戸に直接、地表水を入れてはいけない」と聞いたことがあるような気がしますが、これは衛生面だけでなく、井戸側や孔壁を保護する意味合いもあるのかもしれません。

ついでに別の3辺も確認しておきます。
背面側です。

井戸側沿いに小石がたくさん置かれています。

表面の石を取り除いてみます。

植物の根が張って良い感じですが、よく見ると井戸側沿いに小さな隙間が生じています。

水勾配をつけるため粘土で盛り土するとともに隙間を塞いでおきます。

ちなみに粘土の表面がテカテカしているのは鏝を使っているためです。
壁でもあるまいし鏝を使う必要はないのですが、鏝を使うと手のほうに土が付いてくることがないため作業性が良いです。

続いて正面側。

井戸側に沿って生えているのはアイビーと言う蔓植物ですが、適度であれば地面を強固にしてくれますので、無闇に抜いたりはせず活かすことにします。

ただ、水勾配をつけるためアイビーを少し整理したうえで盛り土します。

残る1辺については自然石の流しが置かれているため、そのままにしておきます。

この状態で1年程度様子を見て、来年にはポンプを設置して再利用できるようにしたいと考えています。

上写真で手水鉢があるところまでは配管(別の井戸系統)が来ていますので、そこへ接続してやれば、水源の複数化を図ることができます。
また、配管する際に地面を掘りますので、ついでにもう1本入れて手押しポンプを設置すれば、自然石の流しも使えるようになりそうです。

里山再生:竹の子と竹馬

5月末から自宅裏の里山でタケノコが上がってくるようになりました。
タケノコでも、この時期に上がってくるはマダケ(当地では「イモクシ」)と言う種類の竹のものになります(4月:モウソウチク、5月:ハチク、6月:マダケ)。

雨上がりの先週末に収穫しにいくと、まさに「雨後の筍」状態。
2時間近くかかって約100本を収穫。

親竹などとして成長させるものは採らずに残していますので、実際にはこれ以上のタケノコが上がってきています。
一方で竹を後退させて雑木林に戻そうとしているエリアもあり、そこは全てのタケノコを採るようにしています。
このため、タケノコの収穫量は今シーズンぐらいがピークで、今後減っていくのだろうと思っています。

毎年の間伐が功を奏しているのか、マダケでもズングリして肉厚のタケノコが収穫できます。

竹と言えば、先般、竹馬(身長100cm程度の子供用)を作ってほしいと頼まれました。
材料の竹は、昨冬に間伐したものがたくさん保管してありますので大丈夫です。

問題は作り方です・・・。
これまで竹を使って門松などを作ったことはありますが、いずれも単純な加工で済むものです。
そこでネットで調べてみると、本格的な竹馬の作り方を紹介しているサイトを発見。

【保存版】裸足で乗れる竹馬の作り方(実用的なDIY生活)

このサイトに記載されている手順に従って作ることにします(手順通りのため詳細は省略)。

まずは竹を所定の長さで切り、各部材に加工します。

組み立てます。

竹を曲げたり(ガストーチ使用)、竹釘を使って組んだりしているのですが、初めてでも意外と簡単にできます。
さらに手鋸や鉈などの手道具だけで容易に加工できるため、作業していると気持ちが落ち着きます(高速回転する機械を使う木工の場合は、間違いなく血圧が上がっています・・・)。

竹の曲げ加工や組み立ての基本(の基本)を覚えたことで、今後の工作には竹をもっと取り入れていきたいものです。

上写真の状態でも頑丈に組まれているのですが、手順に従い、さらにビニール紐で巻いて仕上げます。

このビニール紐は主屋の改修工事の際、瓦の梱包に使われていたものです。
紅白二色なのは縁起を担いでいるのでしょうか。

足乗せ部にもビニール紐を巻くことで、素足でも乗りやすくなるわけです。

頑丈な竹馬ができたものの、足乗せ部は足のサイズにあわせて15cmしかありませんので、試乗は止めておいたほうが良さそうです・・・。

庭の整備(36)敷石は続く?

前回、播き芝を行いました。
これで最初に計画していた敷石の再生と芝庭の拡張ができたことになります。
今後1、2年は除草等の管理を行いながらターフが形成されるのを気長に待つことにします。

ところで、坪庭のサザンカですが、上写真のとおり新芽が伸びてボウボウになっています。

新芽も固まったようですので、剪定することにします。

3年前から刈り込んで玉散らしになるようにしており、それぞれの玉の形ができつつあります(昔、この形状で仕立ててあったのか?)。

坪庭の外周は石で組まれているのですが、現在は様々な植物で隠れています。
芝生のターフが形成されれば、それらを少し整理し、海原(芝生)に島(坪庭)が浮かんでいるようにすると良いかもしれません(敷石は桟橋)。

敷石(石畳)は今回、玄関前から排水路までを再生させましたが、排水路以降も続いています。
どこまで敷石が続いているのか確認するため、昔の写真を探してみると・・・

この写真は亡き父が撮影したもので、おそらく昭和40年前後のものだと思います。
不鮮明でわかりづらいですが、敷石らしきものは見当たりません。

ちなみに同じアングルで現在、撮影したものが下写真です。

昔の写真から敷石はそれほど長くは続いていないことが分かったものの、一体どこまであるのか?
考えられるのは下図で朱色点線で示すとおり井戸まで続いているのではないかと言うことです。

敷石は主屋へのアプローチ用だと思っていましたが、元々は井戸へのアクセス用だったのかもしれません。

そう言えば、主屋への進入路(下図で緑色線)の地番には枝番が付されています。

つまり、明治初期(登記制度化以前)にはこの進入路は存在しておらず、その後に分筆して設けられたと考えられます。
そして、この進入路が存在しなかったと言うことは、その当時は別ルート(上図で水色線)で出入りしていたことになります。
これなら、敷石が井戸までしか続いていなくても説明がつきます。

どうでも良いことなのですが、我が家は祖父が早くに亡くなったことから、昔のことが余り伝わっていないこともあり、こうした痕跡から色々とわかってくると面白いものです。

昔は井戸までの敷石で用が足りたわけですが、現在は主屋へのアプローチになっているため、将来計画として下図のとおり延伸すると良いかもしれません。

井戸も使えるようにする予定ですので、途中から井戸へ分岐させています。

そして、マツ(門冠りなるように現在、仕立て中)を木戸の代わりにし、ここまで敷石を延伸させるとキリが良さそうです。

木戸から内側には自動車は進入しませんので、ここも除草軽減のため芝庭(播き芝)を拡張してと。
計画だけはどんどん先に進みますが、実行はいつなることやら・・・。