耕作放棄地の再生(22)竹と蔓と筍

前回、樹木(スギ、ヒノキ)の背後に迫っていた竹(モウソウチク)を田面から5m控えるように伐採しました。

竹が密集して薄気味悪い感じでしたが、光と風が入るようなって我がことのようにスッキリ感じます。

このように整備したところは下写真で青色矢印で示す区間になります。
上流側から作業を進めた関係でこの区間を先行しましたが、その下流の隣地との境界付近(下写真で朱色矢印)こそ整備しなければならないのです。

遠目には特に問題ないようにも見えますが、近づくと下写真の有り様です。

竹や樹木に蔓が絡まった状態で田面側に倒れてきています。

倒れてきているものを全て伐採したうえ、ここも田面から5m控えるようにします。
蔓が絡みついているもの全てを根元で伐って田面に倒します。

写真では伝わりづらいですが、太いモウソウチクどうしで相当な力がかかってため、かかり木の伐倒と同様に危険な作業です。
下手をするとチェーンソーを跳ね飛ばされかねませんので、力のかかり具合によっては手鋸を使って様子を窺いながら切るようにしています。

全部倒せたかのようですが、実はモウソウチクの1本が蔓に絡まって宙吊りになっています。

重たいモウソウチクを吊り上げられるほどですので、蔓も腕ぐらいの太さがあります(フジ?)。

自宅裏の里山には大根足レベルの蔓がありましたので、それに比べるとまだカワイイものなのかも(^^;

伐倒するのも大変ですれが、それ以上に大変なのがその後のバラシ作業です。
ひとまずチェーンソーで玉切りし、蔓を解いたうえで枝を払っていきます。

ボイラーの燃料用と思いながら棚積みします(使うよりも朽ちるほうが早いでしょうが)。

竹に巻き込まれて倒れていた樹木はカシの木でしたので、薪用に玉切りして持ち帰ることにします。

結構な太さがあるのですが、モウソウチクの太さに比べると焚き付け程度に見えます。
上写真で右側に写っているチェーンソーに至ってはオモチャのようです。

何にせよ、これで水田の隣接箇所(5m幅)は全て伐採が完了しました。

今後は定期的な草刈り等により現状を維持すれば、隣地に迷惑を掛けることもないでしょう。

水田の隣接箇所はとりあえず整備できたものの、その奥は言うと・・・

モウソウチクが密集しているだけでなく、直径60cmを超える大木が倒れています。
大木と言えどもモウソウチクの勢いには敵わなかったのでしょう。

作業時に近くの道を地元の長老が通っていかれ、このモウソウチクについても話を伺うことができました。
今回竹を伐採したところの奥に平坦な場所があり、そこは以前、畑として使われていたとのこと。
山にも竹は生えていなかったが、畑を耕作されていた方が畑の片隅にモウソウチクを植えたのが始まりだとか(昭和30年代から40年代)。
その後の耕作放棄とともに竹の勢いは凄まじく、ひと山全体に広がってしまったそうです。

ところで、このブログ記事は遡って書いており、実際には今回の作業を含めて3月末までに終えています。
先週末、その後の状況を確認しがてらタケノコを収穫しに行きました。

4月14日の状況です。

田面が緑の絨毯で覆われています(5月下旬に1回目の草刈りを予定)。

今年はタケノコの生り年のようで、至るところに上がっています。
大きいものは勿体ないですが根元をノコギリで切って放置。

小さいものを中心に持ち帰ったものだけでも、これだけの量になります。

里山再生:竹製のポット&名札の作製

自宅敷地に隣接する里山について、この冬も竹の間伐を中心として整備を行ってきましたが、無事終了しました(ブログ記事は遡って書いており、実際には3月末までの作業)。

上写真のエリアは竹(マダケ)の密度が坪1本程度になるように間伐してあります。

一方、下写真のエリアは最終的に竹を無くすべく段階的に減らしており、現在、雑木の間に竹が点在しているような状態になっています。

間伐により発生する伐採竹のほとんどは林内に棚積みしてありますが、直径が7分〜1寸程度のもの(枝が付いていない部分)は使い勝手が良いため、自宅敷地まで引き上げてきてあります。

最終的には倉庫内で保管しますが、しばらく倉庫に立てかけて雨露を払います。

今では珍しい竹屋さんの店頭に、このような感じで立てかけてあるのを見ますが、なかなか良いものです。
ちゃんと並べれば、ヨシズのように夏場の日よけになるかもしれません。

2年前、同様に里山から引き上げてきた竹は既に竹天井の部材として使われています。

今シーズンのものはまだ使う当てが決まっていません。
書きながら思い付いたのですが、土蔵の2F床(1Fの天井)を板から竹に変え、夏季の寝床にすれば面白いかも(^_^)

そんなことはさて置き、春の到来に伴い種播きや移植などを行うことが多くなりました。
そこで、伐採した竹を使って大きめのポットを作ることにします。

里山内に棚積みしてある竹から、ある程度太く(直径3寸程度)、既に乾燥して軽くなっているものを選んで玉切り。

節を底にして深さ25cm程度になるようにしています(後日、実際に使ってみると少し深すぎたため20cm程度に短くしました)。

節部分(ポットの底)に排水用の穴をあけます(10mmドリルを使用)。

9個分のポットが完成。

何を播種したのか分かるように名札もあると便利ですので、これも竹を使って作ります。
鉈を使って適当な幅で割ったうえ、先端を尖らせます。

竹の表皮は油を含んでいますので、油性ペンを使って記名できるか試してみます。

問題なく書け、視認性も良いです。

作製した名札は竹筒に収納し、いつでも使えるようにしておきます。

プラ製のものを買ってくるのに比べると手間は掛かりますが(製造から廃棄までのトータルでみれば最も手間要らずのはずですが)、自然素材だからこそ使い終わればそのまま畑に放置できる(いずれは肥料)と言う点が何より良いですね。

竹ボイラーの導入(32)自作パネルヒーター⑤ベース取り付け

前回、銅管に空気抜弁を取り付けたうえ、水圧試験を行って銅管のハンダ付けが問題なくできていることを確認しました。

パネルヒーターは上写真のように立てた状態で使用することになりますが、今の状態では自立しません。
そこでベース部分を作製することにします。

適当な大きさの端材(杉)を組み合わせ、そこに柱(アルミ製アングル)の受け台となるアルミ製アングルを取り付けます。

受け台側のアングルは、柱と同じサイズ(L-2.0t×30×30)のものを使っています。

細かいところですが、木部の組み合わせ箇所は少し溝を切って嵌め込むようにすると、位置が決まりますし、見栄えも良くなります(自己満足度UP)。

柱と受け台の両アングルを小ネジ(M5)を使って連結します。

頂部にもアングル(L-1.5t×20×10)を取り付け、とりあえずはパネルヒーターの完成です。

とりあえずと言うのは、この状態で使ってみて、フィンや送風機、カバーの必要性を検討し、その結果により改良したいと考えています。

ところで、パネルヒーターの予算は床暖房パネルと同じく1万円としていましたので、ここまでに用した材料と費用をまとめておきます。

予算を少しオーバーしてしまいました。
まあ、オーバーしたところで、ボイラー本体の価格に比べれば誤差のようなものなのですが・・・。
今回、パネルヒーターを作ることによってボイラー本体の配管(特に銅管のハンダ付け)の練習ができたことが一番の収穫かもしれません。
と言うことで、いよいよボイラー本体周りの配管を行うことになります。

庭木の剪定(20)サカキの取り木とカナメモチの芽かき

前回、裏庭のツツジを大胆(無茶苦茶?)に剪定しましたが、その裏庭にはサカキの木が植わっています。

老木ですが、小さく仕立てられています。
サカキまで仕立てものにするとは、先祖(何代前?)は庭木の仕立て職人だったのかもしれません・・・。

そのサカキですが、先日、株元に違和感を感じました。
野良猫が荒らしていったのだろうかと、よく見ると・・・

株元から生えたヒコバエを用いて取り木がしてあるようです。
母に聞くと、近所の方が自宅にもサカキを植えたいと、こうしていかれたとのこと。

取り木は、挿し木や接ぎ木と言った繁殖方法のひとつですが、私自身は教科書の知識的に知っているだけで、実際に行ったことはありません。
しばし観察すると、ヒコバエを曲げて、その一部に土を被せるとともに浮き上がらないように重石が載せてあります(圧条法)。

樹皮はそのままの状態ですが、挿し木や接ぎ木と同じように表皮の一部を剥いでおいたほうが活着しやすいかもしれません。
5本ほど取り木してありますので、その内の1本について表皮を剥いでみることにします(小刀を使用)。

この表皮を剥いだところを、もう少し深く埋めるため、枝と蔓を使って固定することにします。

蔓は普段は厄介ものですが、太さもしなやかさも良い具合です。

固定した状態で埋め戻します。

乾燥を防ぐため、落ち葉を被せて水やりしておきます。

果たしてうまく根付くでしょうか?
私がやったものだけ上手くいかなかったりして・・・(余計なことをしないほうが案外うまくいくものです)。

ところで、同じ裏庭には以前、大きなカナメモチがあったのですが、2年ほど前に伐採しました。


(2016年6月撮影)

老木で胴吹きが多く発生することに加え、庭木が混んでいるため思い切って伐採したのです。


(2016年6月撮影)

切り株の断面からも相当な古木であることがうかがえます。

このような古木であるため、切り株からの萌芽は期待していなかったのですが、約2年経過後の現在、下写真の状態になっています。

あまり早い時期に芽かきを行うと樹勢を殺ぐかもしれないと、今まで放置してあったのですが、この辺りで軽く芽かきしておくことにします。

カナメモチと言う名前は「金持ち」の読みに近いものがありますので、そうした願いを込めて先祖が植えたものなのかもしれません(現在では「クロガネモチ」を植えるとか)。
そんな大切な庭木を伐採してしまいましたので、残念ながら金持ちになることは諦めるしかありません(^^;

庭木の剪定(19)ハクモクレン&ツツジ

自宅敷地内にあるハクモクレンが今年もたくさんの花を咲かせました。


(3/24撮影)

このハクモクレンは毎年、同じ箇所(下写真で朱色丸印の箇所)で剪定を繰り返していたため、そこがグローブ状に肥大化してしまっています。


(’14/3/29撮影)

4年前から、この肥大化している部分を切除して減らしていっているのですが、これにより枝が充実し、その結果、花が増えたようです。
ただ、肥大化しているところを切除するため、木に負担がかかります。
このため、切除するのは1年に1、2箇所だけとし、花が終わった後に行うようにしています。

モクレンの花は短く、花が散って下写真の状態になりましたので、今年も肥大化している部分を1、2箇所切除することにします。

今年は上写真の朱色丸印で示す2箇所を切除することにします。

手鋸で切り落とします。

上写真でもわかるとおり切り口が大きいため、念のため切り口に癒合剤を塗っておきます。
癒合剤は幾種類か市販されていますが、今回使用するのは「カルスメイト」(カルス:癒合組織)です。

成分は酢酸ビニル樹脂その他とありますので、木工用ボンドを塗るようなものなのでしょう。
そう言えば、以前、薪ストーブの炉台や炉壁のタイルを貼る際に用いたセメント混和材(NSハイフレックス)も酢酸ビニル樹脂でしたので、本当にいろんなところで木工用ボンドが活躍しているものです。

切り口に塗布します。

ところ変わって、下写真は裏庭の現況です。

3年前の主屋の改修工事により、室内から上写真のように眺められるようになったこともあり、少しずつ手を入れています。

この裏庭には、昔の離れから庭を散策?できるように踏み石が敷かれています。

ツツジが大きくなって踏み石が隠れてしまっていますが、上写真で朱色線のルートで奥へと続いているようです。

この通路を復元すべく、ツツジを小さく仕立て直すことにします。
比較的短いヒコバエだけを残して切除。

若木であれば再生しやすいでしょうが、老木でこれは負担が大きすぎるかもしれません・・・。

大胆な(無茶苦茶な?)剪定により剪定屑もたくさん発生しました。
葉は畑のマルチ材として活用します。

枝は薪ストーブの焚き付けやボイラーの燃料とします。

主屋の室内から見える景色も、庭の奥側まで見通せるようになって良い感じです。

この裏庭は古いもので、先祖が自らの手で造ったものだと思います。
本職の手による前庭よりも、私にとっては、こうした素朴な庭のほうが祖先の自然観が窺えるようで親しみやすくもあります。
このため、いかにも日本庭園と言う庭ではなく、背後の里山へと続いていくような自然な感じの庭(現在流行している落葉樹の庭と言うわけでもありません)にしていきたいと思っています。

<続きます>

果樹園の再生(19)ユズの播種(台木用)

現在の畑の様子です。

写真では伝わりづらいですが、様々な花が咲き乱れ、まさに地上の楽園と言った様相です(^_^)

黄色い菜の花。白い花はダイコンやソラマメです。

そして、ピンク色のモモの花も満開です。

これなら今年も収穫を期待できそうです。

下写真は白い花と菜の花との組み合わせです。

この白い花はナシの花で、2年前に苗木を植え付けたものが初めて花をつけました。

可憐な花です。

このようにモモやナシなどの落葉果樹はすこぶる元気に育っています。
その一方で常緑樹のミカンは調子が良くありません。
以前、小さいうちは寒さに弱いため防寒したほうが良いと教えてもらい、この冬は藁コモをかけてありました。

その藁コモも、暖かくなったため外すことにします。

昨年の今時分に比べると葉に照りがあるように感じます。
油分が寒さを防ぐそうですので、防寒対策の効果があったのかもしれません。

下写真は同じ敷地内にあるユズの木です。

亡き父が植えたもので、既に大きくなっています。
毎年たくさんの実をつけて元気も良いため、ミカンを含めて柑橘類は容易に育つだろうと思っていたのですが・・・。
そして、余り期待していなかったモモやナシの調子が良いとは、何事もやってみないことにはわからないものです。

ミカンの調子が良くないことから、ほかにも場所を変えて育てたいと思っています。
そのためには苗木の本数が必要となりますので、時間はかかりますが苗木から作ることにします。

まずは台木にする親木が必要となります。
親木にできるかもしれないと、咋春にデコポンの種を播いたのですが、柑橘類なら何でも親木にできると言うわけではないらしいのです。

調べてみると市販の苗木はカラタチの実生苗を台木に用いているようですが、我が家にはカラタチがありません。
カラタチ以外ではユズも台木にできるらしく、昔はユズ台を使っていたそうです。

と言うことで、先のユズの木から熟して落ちている果実を拾って採種・播種することにします。

洗って乾燥させます。

時期的に少し遅いのかもしれませんが、採種した種の一部をポットに播きます(残りは保存して来春に播種)。

土の乾燥を防ぐため、柿の木の下に置いてあります。
無事発芽すれば、大きな鉢(または畑)に移植するつもりです。

市販されている苗木の状態になるまでに4、5年はかかるとし、そこから収穫までにさらに数年。
気の長い話です。

竹ボイラーの導入(31)自作パネルヒーター④空気抜弁とパイプ内洗浄

前回、銅管をハンダ付けして本体(熱交換器)を組み立てました。

この銅管はアルミ製アングルの支柱で支えますが、両者が直接接しないように(異種金属接触腐食対策として絶縁)グロメットを介して取り付けます。
それぞれのサイズは下記のとおりとしています。

  • アングルにあけた穴の径:φ20mm
  • グロメットのサイズ:φ19mm(外径)×φ15mm(内径)
  • 銅管の口径:φ15.88mm(外径)

銅管の口径と同サイズのグロメットがあれば良いのですが、自作かつ費用を抑える場合には市販品を組み合わせるしかなく、その制約から上記の組み合わせとしています。
このため、グロメットを銅管とアングルの穴に嵌め込むのがキツくて手間取ります。

なんとか取り付け完了。

銅とアルミ、そのメタリックさが意外に格好良いかも。
最終的には器具全体にカバーを被せようと思っていましたが、これなら剥き出しのままでも良いかもしれません。

前回、ハンダ付けに苦労した本管との接続アダプター(G1/2オネジ)です。

実は、本管との具体的な接続方法についてはまだ決まっていません。
とりあえずアダプターについてはネジ接続とし、サイズ(1/2in.)は銅管(φ15.88mm)や本管(架ポリ13A)に見合ったもので、種類は脱着しやすいように平行ネジ(G、ガスケット使用)としています。

一方、空気抜弁(エアーベント)を接続する箇所(下図参照)はRc1/2メネジの接続アダプターを取り付けてあります。

これは、空気抜弁の接続口がテーパ・オネジ(R、シールテープ使用)になっているためです。
このサイズが1/2in.(15mm)の空気抜弁は5,000円程度するのですが、安く入手できないものかとヤフオクで探したところ、たまたま3/8in.(10mm)のもの(下写真で右側)が1,000円で出品されていました。
1/2in.も3/8in.も性能(空気吐出量)は同じで、接続ネジの違いだけのはずだと思いますので、これを落札しました。
既に銅管側が1/2in.になっていますので、これに接続できるようにブッシング(下写真で左側、Rc3/8-R1/2)を噛ませます。

ちなみに、ブッシングを含む継手には材質が可鍛鋳鉄(安価)やスレンレス(高価)のものがあります。
安価なほうを使いたくなりますが、ここでもガルバニック腐食を考慮して選定する必要があります。

  • 空気抜弁:SUS【確定済】
  • ブッシング:鉄 or SUS【未定】
  • アダプター:銅(黄銅)【確定済】

ブッシングに鉄のものを使う場合、SUS×鉄、銅×鉄のいずれにおいても腐食が生じるかもしれません。

このため、両者の電位差が小さくなるスレンレスを使うのが安全そうです。
このように管材はネジの種類(R、G、etc)に加えて材質(鉄、銅、SUS、合成樹脂、etc)の違いもあるため、非常に種類が多く、頭が痛くなるところです。

さて、これらはテーパネジ(R)ですので、オネジ側にシールテープを巻いたうえ、ねじ込んで接合します。

コンプレッサーのエアー配管と同じ要領とは言え、テーパネジなので締め加減が分かりづらく感じます。
このため、私のような初心者は施工不良によりネジ接合部から漏水することも想定し、締め直しができるような配管にしておくのが安全かもしれません。

ところで前回、銅管をハンダ付けする際にフラックスを使いましたが、それが残っていると銅管を腐食してしまうそうです。
銅管の外面は雑巾で水拭きすれば良いだけですが、問題は内面(パイプ内)です。
そこで、パイプ内に水を流して洗浄することにします。

洗浄が終われば、床暖房パネルを作製したときと同様に水圧をかけて水圧試験を行います。
初めてのハンダ付けで不安もありましたが、どこからも漏水することはなく、うまくできていたようです。

<続きます>